メニュー

摂食障害(拒食症、過食症)

極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取などを伴い、それによって健康に様々な問題が引き起こされる病気です。

食事制限しすぎてしまう状態を拒食症、食事を取りすぎてしまう状態を過食症といいます。

どちらか片方だけがあらわれるのではなく、拒食症と過食症を周期的に繰り返す場合があります。

治療

準備中

体重減少が著しく、重症な方の場合、クリニック(入院設備のない診療所)では治療ができないことがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME